クレイアニメの作り方とストップモーションアニメの作り方を教える東京都心・千駄ヶ谷にあるお教室
交通: 山手線・総武/中央線・大江戸線「代々木駅」徒歩5分 副都心線「北参道駅」徒歩3分
MENU
TOP
ご挨拶
立体アニメーションとは?
人形アニメーションとは?
クレイアニメーションとは?
ストップモーションとは?
授業概要と方針
授業システム
カリキュラム
入会申込み
メールフォーム
入会規約
教室風景
生徒作品紹介
講師プロフィール
機材一覧
FAQ
会社概要
運営・連絡先
音のメルヘン屋

TEL
03-3354-1711
ADD
151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷5-1-3 パークマンション102
E-mail
人形アニメーション教室 クレイアニメーション教室 パペットアニメ教室※迷惑メール防止対策で、画像にしてあります。お手数をおかけいたします。
Dragon Frame認定教育期間 Stop Motion Pro社認定教育機関
船本恵太 クレイアニメ・
ストップモーションアニメ教室

●教室は都心の渋谷区千駄ヶ谷 ●少人数4〜7人制 ●初心者向けの授業
●川村徹雄氏アーマチュアキットSM-005特別提携価格提供 ●録音スタジオ完備
●入会すれば録音スタジオ使用料割引き特典あり
FAQ
◆質問1◆
短期間でも通うことはできますか?

◆解答1◆
はい可能です。進められるところまでカリキュラムを進めていきます。
◆質問2◆
全カリキュラム終了後はどうなりますか?

◆解答2◆
退会(卒業)されるか、引続き人形アニメーション・クレイアニメーションを制作していくことも可能です。可能な限り要望に応えて作りたいものを作り、学びたいものを教えていきたいと思っています。

なお、全カリキュラム終了までには、個人差がありますが約3〜4年程度かかります。
◆質問3◆
カリキュラムの順序を飛ばして(スキップして)学ぶことはできますか?

◆解答3◆
はい可能です。例えば、クレイアニメーションは省略して人形アニメーションから学んだり、ボール・ジョイント・メタル・アーマチュアを使用した人形アニメーションから学ぶなどもできますし、あるいは、途中のカリキュラムをスキップすることも可能です。カリキュラムのスキップをご希望の場合は事前にご相談ください。(入会後でも、カリキュラムのスキップが可能です。ご相談ください。)
◆質問4◆
中学生でも通えますか?

◆解答4◆
申し訳ありません。高校生以上を対象としております。これまでに下は15才、上は50代まで幅広くご入会がございます。20〜40代の方が最も多く通われています。
◆質問5◆
男性でも通えますか?

◆解答5◆
はい可能です。開校当初少なかった男性も、随分と増えました。
◆質問6◆
まったく創作活動を行ったことがないのですが、大丈夫でしょうか?

◆解答6◆
はい歓迎いたします。童心にかえって粘土をこねる喜びを感じ、日常のストレスを発散してください。逆にプロ志望の方も歓迎しております。生徒さんそれぞれの要望に応じた教育を行い、喜んでいただける・楽しんでいただけるよう、つとめています。

脚本をかけなくても大丈夫です。ごく簡単なものでも大丈夫ですし、指導をしていきます。パソコンが苦手でも大丈夫です。1から指導していきますし、できるだけシンプルで簡単な方法を教えます。

どうしてもできないカリキュラムはスキップして次に進んでもらっています。例えば、衣装が作れない場合、市販の人形衣装を用いるなどの対処をしたり、脚本が書けない場合友人頼んだり、音楽制作を友人に頼んだりしている方もいます。その都度、臨機応変に対応していきます。
◆質問8◆
お教室はいつ開校したのですか?

◆解答8◆
当教室は、2008年6月に開校しました。日本で初となる、「教室」という形態の立体アニメーション教育機関です。
◆質問9◆
選択授業について詳しく教えてください。

◆解答9◆
選択授業である「ボールジョイント・メタル・アーマチュア・キット組立て」と「効果音収録」のカリキュラムはとても勉強になりますし、とても楽しいものですのでぜひ皆様に体験していただきたいです。しかし、教材費・設備費が高いため、受講したい人だけ受講できるようにとご配慮させていただきました。
◆質問10◆
生徒作品の中に、数名のグループで制作した作品がありますが、全て個人ワークではないのでしょうか?

◆解答10◆
開校当初はグループワークも行っていましたが、皆様の要望から個人ワークのみの授業へと方針を切替えました。現在は1人1作品づつ制作しています。
◆質問11◆
Dragon Frameの使い方だけ習いたいのですが大丈夫でしょうか?
◆解答11◆
大丈夫です。カリキュラム以外の授業内容にも臨機応変に対応しております。
◆質問12◆
「効果音収録」のカリキュラムの教材費・設備費が、1時間8,000円〜3時間24,000円となっておりますが、これはどういう意味でしょうか?

◆解答12◆
当社の運営母体である音のメルヘン屋の主業務は録音スタジオとなっています。そのため、当教室と同じ場所に録音スジタオがございます。40年の歴史のあるスタジオで、音楽のみならず、ゲームやアニメや映画の録音も行っています。録音スジタオの使用料は、通常1時間あたりの使用料単価計算となります。この料金にはベテランのプロの当社専属のレコーディングエンジニア料も含まれています。当社の場合、通常のスタジオ使用料は効果音録りの場合1時間単価10,000円となっておりますが、そこを1時間単価8,000円に割引きさせていただいております。

制作作品の尺の長さや、必要な効果音の量によって、スタジオの使用時間は異なってきます。そのため、1時間8,000円〜3時間24,000円と振り幅を持って記載させていただきました。また、通常日曜日のスタジオ業務はお休みということもあり、日曜日のスタジオ使用は3時間以上となっておりますので、日曜日クラスの生徒様には3時間のご予約をとっていただくか、あるいは「効果音収録」のカリキュラムのみ別の曜日(月〜土の10:30〜23:00の中で)の日取りをご相談して決めています。

また、もしグループワークの場合は、2〜4名で料金を割り勘することになります。
さらに、当教室の生徒、及び過去に生徒だった方には、自主制作作品の録音の際の当スタジオの使用料を同様に割引きするサービスも行っています。

このカリキュラムは、選択授業ですので、料金的に高くて厳しいという方は、ありものの効果音を用いてサウンド編集のみをするコースもご用意しています。その場合は教材費・設備費は不要です。